栄養科

当院栄養科は患者様の栄養状態や嗜好、嚥下機能を把握し、医師の指示に従い、
衛生的かつ安全に病態に合わせた食事を提供しています。

入院中のお食事について
 【食事時間】
  朝食7:30  昼食12:00  夕食18:00

献立例はコチラから。

 【食事の内容】
  *温冷配膳車を使用し、適温で召し上がって頂けるよう工夫しています。
  *当地で好まれる料理を中心に、季節感のあるお食事を提供しています。
  *なお療養食であることから、味付けは薄味で
   塩分10g未満としていることをご理解ください。

クリップボード.jpg

栄養管理について
 入院中、管理栄養士がベッドサイド訪問をして食事状況、栄養状態を観察・把握し、
 食事の個別対応や必要に応じて栄養補助食品の提供に努めています。
 また、食事や栄養についてご意見・質問等があれば、ベッドサイド訪問で対応しております。

栄養指導・栄養相談
 食事療法が必要な患者様について、
 入院・外来を問わず主治医の指示により栄養指導を実施しています。

 【対象疾患】
  糖尿病、高血圧症、心臓病、脂質異常症、肥満症、肝臓病、膵臓病、腎臓病、消化管術後など

 また、「ちょっと食事や食品の栄養について聞きたいことがある」場合は、
 看護師に声をかけてくだされば、いつでも対応します。

NST(チーム医療)について
 当院では、患者様の治療効果を高めるために、基礎となる栄養に重点を置き、栄養状態の維持・改善に医師、看護師・薬剤師・管理栄養士等で構成するNST(栄養サポートチーム)活動を実施しています。これは低栄養状態を改善して病気の治癒を早め、入院期間の短縮を目指すものです。
 栄養科ではこのチーム医療の事務局を担当し、管理栄養士が患者様の栄養状態の情報収集に努めています。

その他
 当院で宿泊人間ドックを受診される方の食事も提供しています。

詳しくはコチラから。