臨床検査科

臨床検査科紹介
 臨床検査科は、血液や尿等多くの検体を扱う検体検査部門と、心電図や超音波検査など患者様を直接検査する生体検査部門に分かれています。検体検査部門はさらに、生化学検査・血液検査・免疫血清検査・一般検査・輸血検査・細菌検査に分かれます。
 検査業務の他に、院内感染対策チーム(ICT)への参加、糖尿病療養指導士による健康教室の開催、水道管理資格を取得し病院の水質管理を行うなど新たな業務にも参画しています。
 臨床検査技師は、検体検査部門では患者様と接する機会が少ない業務ですが、開かれた検査室を目指し、最新の検査技術を学び地域医療に貢献できるようスタッフ一同努力し、時間内はもとより、夜間・休日の緊急検査体制を整え日々の業務に取り組んでおります。

検体検査部門
 血液や尿等の多くの検体には、蛋白質・脂質・電解質・酵素・ビタミン・ホルモン等、様々な代謝産物が存在しています。それらの物質の量的・質的変化や健常人では出現してはならない物質の出現状況などから、肝臓・腎臓のみならず循環器系・泌尿器系・内分泌系・神経系・免疫系・代謝系などの多くの臓器の機能異常や病態を知ることができます。また、検査を反復実施する事で病態の変化、予後の推定および治療法の選択などの重要な指標となります。
 そして、これらの検査データを臨床検査情報処理システムで管理し、診断・治療の検査情報として提供しています。また、診察時に当日の検査結果をもとに医師の診断ができるよう、30分から1時間以内の至急検査に対応しています。

① 生化学検査
 主に、血液・尿中の蛋白質・脂質・酵素・電解質・その他代謝産物の定量検査を行います。AST(GOT)・ALT(GPT)・LDH・γ-GTP等の肝機能検査、BUN・CRE・電解質等の腎機能検査、総コレステロール・中性脂肪・リン脂質等の脂質検査、血糖・HbA1c・インスリン等の糖尿病検査、TSH・FT3・FT4等の甲状腺ホルモン検査、CEA・CA19-9・AFP・PSA等の腫瘍マーカー、その他様々な検査を行っています。
② 血液・凝固検査
 血液中の有形成分である赤血球・白血球・血小板の数やその形態を検査する形態学的検査と、出血傾向や血栓の有無を検査する止血凝固検査等を中心に、貧血・血友病やその他様々な血液疾患の診断や病態を知る上で重要な検査を行っています。

img_108.gif

③ 免疫血清検査
 免疫グロブリン・補体・リウマチ因子等の免疫やアレルギー性疾患に関係した蛋白質、B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・インフルエンザウイルス・アデノウイルス・RSウイルス・溶血性レンサ球菌・HIV等の感染症関連の検査を行っています。また、免疫反応を利用して、炎症性蛋白等広範囲の検査をしています。
④ 一般検査
 尿検査は、蛋白・糖・潜血等を調べる定性検査と、赤血球・白血球・上皮細胞・細菌等を顕微鏡で観察する形態検査(尿沈渣)から成り、腎臓・尿路系疾患はもとより全身性疾患のスクリーニングに欠かせない検査です。また、便の検査では消化管の出血や寄生虫の検出等の検査を行っています。
 その他、髄液・関節液・腹水・胸水等の穿刺液の検査も行っています。
⑤ 輸血検査
 安全な輸血を行うために、輸血を受けるご本人の血液型(ABO・Rh)を再確認してから血液製剤を用意し、血液製剤とご本人の血液が適合するかを交差試験(クロスマッチ試験)で確認しています。
⑥ 細菌検査
 一般細菌、食中毒関連菌(サルモネラ菌・赤痢菌・エルシニア菌・腸炎ビブリオ・コレラ菌・黄色ブドウ球菌・カンピロバクター・O-157大腸菌等)、抗酸菌、真菌等における各種染色・分離培養・同定検査・感受性検査を行っています。また、耐性菌の検出(MRSA・VRE・ESBL・BLNAR・PRSP・MDRP等)・ノロウイルス抗原・ロタウイルス抗原・アデノウイルス抗原・糞便中CD抗原検査等を行っています。
 尚、当細菌室では、感染症の診断と治療に最小限必要な検査内容を整理して検査の迅速化を図っております。
臨床的に意義のある微生物検査、そして期待される微生物検査を目指しています。

img_109.gif

生体検査部門(臨床生理検査)
 生体内の生理現象を電気的・物理的に捉えその変化を記録し分析します。

① 安静時心電図
 不整脈や狭心症、心筋梗塞、心臓肥大等の診断に用います。
 (症状:胸痛、動悸、息切れ等)
② 運動負荷心電図
 マスターテスト(階段の昇り降り)、エルゴメーター検査(自転車をこぎながら心電図と血圧を記録)を行います。労作性狭心症、身体活動・運動中や運動後の不整脈や血圧異常の診断に用います。
 (症状:身体活動時の胸痛、動悸、めまい等)

img_110.jpg

③ ホルター心電図検査
 24時間の心電図を記録し、不整脈や狭心症の診断に用います。
 (症状:胸痛、動悸、不整脈、失神発作等の全ての心疾患が適応)
④ CVR-R自律神経検査
 主に糖尿病の自律神経障害の検査に用います。
⑤ 超音波検査
 乳腺・甲状腺(良性および悪性腫瘤・その他異常所見の有無)、頚動脈(動脈硬化等による血管の詰まりや血流)、心臓(弁を含めた心臓の動き)を画像として捉え検査します。 
⑥ 血圧脈波検査
 四肢の血圧や血流波形を計測することにより、動脈硬化等による血管の詰まりや硬さを調べ、おおよその血管年齢を報告します。(症状:下肢の冷感・痛み・しびれ、糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症)
⑦ 肺機能検査
 肺活量や気道抵抗等の肺の機能を検査します。(症状:息切れ、胸痛)
⑧ 誘発筋電図検査
 上肢の運動神経を電気刺激し、神経の反応を検査します。(症状:手指のしびれ)
⑨ 呼気一酸化炭素検査
 禁煙を目的とした検査で、呼吸時の一酸化炭素濃度を調べます。